remcat: 研究資料集

(TANAKA Sigeto)

「卵子の老化」関連情報

「卵子の老化」に関連する言説 → http://tsigeto.info/misconduct/j.html#eggaging

「卵子の老化」関連年表:1974-2015年

「卵子の老化」キャンペーンとそれに関連する出版物および政治的な動きを年代順にまとめておきましょう。 1974 「卵子の老化」が日本医学会シンポジウム [3] で言及される (8月) 1979 鈴木秋悦、「卵子の老化」についての解説論文 [2] を出版 1982 鈴木秋悦…

「卵子の老化」キャンペーンと「少子化対策」

近年の日本では、妊娠・出産に関する大量の情報があふれています。その多くは、産科・婦人科・生殖医学の専門家やその団体がつくり、マスメディアに流れるものです。それらの情報は、結婚・出産を促進する政策を科学的に正当化する根拠として使われてきまし…

Chronicle from 1974 to 2015

Here is a summary of the history of the egg aging campaign and related discourses. 1974 “卵子の老化” (egg aging) was mentioned in a discussion at a symposium [3] by the Japanese Association of Medical Sciences (JAMS) (in Aug.). 1979 Dr. Su…

Egg aging campaign and Japanese pronatalist policy

Japan has experienced floods of fake knowledge about human reproduction in recent times. Most of them are created by professionals in the fields of obstetrics, gynecology, and reproductive medicine and spread widely through a mass media ca…

『学術の動向』22(8) 特集 「卵子の老化」が問題になる社会を考える: 少子化社会対策と医療・ジェンダー (2017)

2か月前の話になってしまいましたが、日本学術協力財団発行 (日本学術会議編集協力) の月刊誌『学術の動向』2017年8月号 (22巻8号、通巻257号) に特集「「卵子の老化」が問題になる社会を考える: 少子化社会対策と医療・ジェンダー」が掲載されました。2016…

「ウィメンズヘルスリテラシー協会」とは

ウィメンズヘルスリテラシー協会は、2017年7月設立の一般社団法人。しかし、現在のところ、ウェブサイト http://www.womenshealthliteracy.website にはほとんど情報がなく、「協会概要」のページなど「ただいま、テキストを準備中です」と書いてあるだけの…

非科学的知識の生産・流通と「卵子の老化」パニック

KAKENHI research plan (2017-2019) #17K02069 科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 2017--2019年度分野: 総合人文社会 分科: ジェンダー (gender) 細目: ジェンダー (gender) 細目表キーワード: 科学技術・医療・生命 (science, technology, medicine, life) 細…

「卵子の老化」その後

1974年の初出 時には排卵から受精までの時間の経過による変性を指していた「卵子の老化」概念は、そのあと、意味する範囲を拡大していくことになる。 “卵子のエイジング” という現象は一般にはあまりなじみのないもののようであるが,近年,心身障害児研究が…

「卵子の老化」初出? (1974年 日本医学会シンポジウム)

https://remcat.hatenadiary.jp/entry/20170322/hakone で引用した1974年日本医学会シンポジウムにおける副会長 (大島研三) あいさつのなかに「昨日来お話がありましたように,調節すること自体に,より優秀な子孫を設けることに対する反対の現象も十分に考…

6月18日【シンポジウム】少子社会対策と医療・ジェンダー ― 「卵子の老化」が問題になる社会を考える

最近、「高齢妊娠」や「卵子の老化」、「妊活」などの言葉をよく耳にするようになりました。社会経済的な理由で出産を決意するまでに年齢が高くならざるをえない状況がある一方で、国や自治体の少子社会対策が、「産めなくなる」不安をあおっています。生殖…