remcat: 研究資料集

(TANAKA Sigeto)

非科学的知識の生産・流通と「卵子の老化」パニック

科学研究費補助金 (基盤研究(C)) 2017-2019年度 研究成果と関連資料 → http://tsigeto.info/egg/

2017年度 研究実施状況報告書 (非科学的知識の生産・流通と「卵子の老化」パニック )

科学研究費補助金による研究プロジェクト「非科学的知識の生産・流通と「卵子の老化」パニック」(基盤研究(C) 2017-2019年度 #17K02069) 初年度の実施状況報告書 (2018-04-20 日本学術振興会に提出) 研究実績の概要 (Summary of Research Achievements) 「卵…

Project “Unscientific Knowledge and the Egg Aging Panic” report I/II (非科学的知識の生産・流通と「卵子の老化」パニック 報告書)

Brochure to introduce the research project “Unscientific Knowledge and the Egg Aging Panic” funded by the Japan Society for the Promotion of Science (KAKENHI #17K02069 for fiscal 2017-2019).Below are the links for the blog articles about t…

地方自治体による「ライフプランニング」支援事業

「ライフプランニング」は、2010年代日本の「少子化対策」のキーワードです。結婚や出産など家族生活を主眼においたライフプランを立てるよう若者に促すさまざまな試みが、行政主導でおこなわれてきました。若い男女の人生上の選択を誘導するための情報が講…

「卵子の老化」関連年表:1974-2015年

「卵子の老化」キャンペーンとそれに関連する出版物および政治的な動きを年代順にまとめておきましょう。 1974 「卵子の老化」が日本医学会シンポジウム [3] で言及される (8月) 1979 鈴木秋悦、「卵子の老化」についての解説論文 [2] を出版 1982 鈴木秋悦…

計算方法不明の日毎妊娠確率推定

Dunson ほか [48] の研究は、ヨーロッパの家族計画センター7箇所で収集した性交日や基礎体温の変化などの自記式記録 [49] をもとに、1回の月経周期内の毎日の妊娠確率を推定したものです。この研究では、排卵日の2日前 (結果のグラフでは横軸に「−2」と表示…

傾きの大きい曲線を抽出した自然出生力のグラフ

2013年、日本生殖医学会は公式ウエブサイトに「不妊症Q&A」コーナー [22] を開設しました (5ページ参照)。図9はこのコーナーの「年齢と不妊症」というページにあったものです。これとおなじグラフは、ほかにも、同学会の専門医研修等で使う教科書『生殖医療…

直線的に減少するよう捏造された妊娠確率のグラフ

図8はインターネットから拾ってきたグラフに基づいてつくったもので、女性のlikelihood of getting pregnant (妊娠の確率) が年齢とともに直線的に低下していくように見えるデータです。このデータは、よくlikelihood of infertility (不妊の確率) をあらわ…

22歳ピークの「妊娠のしやすさ」グラフ

「卵子の老化」キャンペーンでは、卵子の数のみならず、女性の妊孕力そのものが年齢にともなって低下することをあらわすグラフも広く使われてきました。図6は、妊娠・出産に関する事項を学校で教えるよう、日本産科婦人科学会など9つの専門家団体が政府に要…

女性の年齢と卵子数の減少:誇張されたグラフの流通過程

図2は厚生労働省の公式ウエブサイト [16] からのコピーで、女性の年齢と体内の卵子数との関係をあらわしています。2012年度の厚生労働科学研究費補助金 [17] を使った冊子に載っているグラフで、一般向けに、特に生殖機能の男女差に注目して身体と健康につい…

妊孕性の知識に関する多言語国際調査の濫用

「卵子の老化」キャンペーンの引き金となったのは、2009-2010年にカーディフ大学と多国籍製薬会社メルクセローノがおこなった国際調査International Fertility Decision-Making Study (IFDMS) でした。調査の結果、妊娠・出産に関する知識を測った点数 (Card…

「卵子の老化」キャンペーンと「少子化対策」

近年の日本では、妊娠・出産に関する大量の情報があふれています。その多くは、産科・婦人科・生殖医学の専門家やその団体がつくり、マスメディアに流れるものです。それらの情報は、結婚・出産を促進する政策を科学的に正当化する根拠として使われてきまし…

Life-planning guidance by the government

For the governmental pronatalist policy in the 2010s, “life planning” has been a key phrase. Various kinds of activities have been conducted to encourage youths to make a life plan regarding marriage, children, and other family issues. Lec…

Chronicle from 1974 to 2015

Here is a summary of the history of the egg aging campaign and related discourses. 1974 “卵子の老化” (egg aging) was mentioned in a discussion at a symposium [3] by the Japanese Association of Medical Sciences (JAMS) (in Aug.). 1979 Dr. Su…

Undocumented Bayesian estimates of daily fecundability

Dunson et al. [48] reported the estimated probability of conception for each day of the month for women classified by age (19-26, 27-34, and 35-39 years). Their estimation is characterized by sharp peaks at 2 days prior to ovulation (index…

Cherry-picked natural fertility curves

In 2013, the JSRM launched an official “Q&A” website about infertility issues designed for a general audience [22], which we have already mentioned in p. 5. Figure 9 shows a graph published in the website to answer the questions on how wom…

Fabricated curve for a woman's likelihood of getting pregnant

Figure 8 is adapted from images on the Web. It looks as if a woman's “likelihood of getting pregnant” linearly decreases along with her advancing of age. The downward curve is always used in combination with an upward curve for the “likeli…

Falsified graph of women's fertility with its peak at the age of 22 years

The egg aging campaign has also featured graphs that gave a direct impression of the declining fertility with the advancing age of a woman.Figure 6 shows a falsified graph that was used in a petition by nine academic associations, includin…

Exaggerated decreasing of the number of eggs in women's ovaries

Figure 2 shows a graph of a woman's age and number of eggs in her body. It was included in a booklet to teach the general audience medical knowledge about human bodies, focusing on sex differences regarding reproduction [16], retrieved fro…

Misused results from a multilingual cross-national survey on fertility awareness

The egg aging campaign in Japan was triggered by the results from the cross-national survey, the International Fertility Decision-Making Study (IFDMS), conducted in 2009-2010 by a Cardiff University research group supported by the global p…

Egg aging campaign and Japanese pronatalist policy

Japan has experienced floods of fake knowledge about human reproduction in recent times. Most of them are created by professionals in the fields of obstetrics, gynecology, and reproductive medicine and spread widely through a mass media ca…

市区町村ライフプラン冊子

都道府県以外の自治体 (市・区・町・村) のライフプラン冊子 (的なもの) の収集は全然進んでいないのですが、とりあえず記事を書く場所を確保しておきます。今後、この日付 (2018-04-13) のところに適宜エントリを追加していきます。

都道府県ライフプラン冊子:目次

各都道府県が提供している情報で、妊娠・出産に関する医学的知識を盛り込んだもの、特に変なグラフが出てくるもの 目次 https://remcat.hatenadiary.jp/archive/2018/03/31 全文 https://remcat.hatenadiary.jp/entries/2018/03/31 → 関連情報 https://remca…

北海道 (都道府県ライフプラン冊子)

by: 北海道 保健福祉部 子ども未来推進局 子ども子育て支援課 少子化対策グループ date: 2016-03 title: 高校生向け少子化対策副読本: 北海道の少子化問題と私たちの将来について考えてみよう source: https://ameblo.jp/lifedesignstructure/entry-12254492…

青森県 (都道府県ライフプラン冊子)

Not found

岩手県 (都道府県ライフプラン冊子)

Not found

宮城県 (都道府県ライフプラン冊子)

Not found

秋田県 (都道府県ライフプラン冊子)

uri: http://common3.pref.akita.lg.jp/babywave/n_img/editor/files/fukudokuhon/H29/resize150H29_syoushika.pdf by: 秋田県 + 秋田県教育委員会 dc.publisher: 秋田県 あきた未来創造部 次世代・女性活躍支援課 title: 平成29年度少子化を考える高等学校…

山形県 (都道府県ライフプラン冊子)

山形県 子育て推進部 子ども家庭課『男女ともに考えてみませんか〜妊娠・出産のこと〜』(裏表3つ折り (6頁) リーフレット) 20歳前後向けのピンクのリーフレット (2016年2月) http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010002/boshihoken/pdf/ninshin0…

福島県 (都道府県ライフプラン冊子)

福島県は、2012年度厚生労働科学研究費補助金(成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)「母子保健事業の効果的実施のための妊婦健診、乳幼児健診データの利活用に関する研究」 (研究代表者: 山縣然太朗) によるパンフレット 『知っていますか? 男性のから…

茨城県 (都道府県ライフプラン冊子)

http://www.kids.pref.ibaraki.jp/kids/birth01_3/ に『女性のからだサポートブック: 健やかな妊娠のために』なるものを出版したとの記述とPDF版へのリンクがあるが、リンクが切れていて取得できない。国立国会図書館 WARP に収録されている (2015-07-01)。u…